ビタミンAの効果及び豊富に含めた食べ物について

ビタミンAは脂溶性ビタミン類の1つで、主な免疫力効果には、視機能の改善、粘膜や皮膚の健康維持などがあります。また、動脈硬化を予防したり、ガンの予防および抑制をしたりします。
まずビタミンAは、免疫機能を維持するほか、皮膚や粘膜などの健康を保つ働きがあります。不足するとのどや鼻から細菌やウイルスが侵入しやすくなり、風邪などの感染症にかかりやすくなります。レビトラ免疫細胞の働きを活発にするので、抗がん作用があります。さらに、免疫細胞を傷つける活性酸素の害を防ぐ抗酸化作用もあります。
また、天然色素の一種カロテノイドのうちの炭素と水素のみでできているカロテンが体内に入ると、ビタミンAと同じ働きをする物質に変換されます。このようなビタミンAの前駆物質のことをプロビタミンAと言います。
ビタミンAは、健康な人の場合、肝臓で十分に貯えられているため、不足することはほとんどありませんが、アルコールを大量に摂取すると、貯えられているビタミンAが消耗されてしまいます。
ビタミンAが不足すると、目が見えにくくなり、夜盲症などが起こる可能性があります。
主にレバーやうなぎ、緑黄色野菜などに多く含まれているビタミンです。動物性食品に含まれるレチノールと、媚薬緑黄色野菜に含まれるカロテンの2種類に分かられます。使用性のタメ体内に蓄積し、寿都に使われなかったビタミンAは肝臓で貯蔵しています。
過剰に摂取すると全身倦怠感、頭痛、吐き気、めまいなど、急性症状や、脱毛、筋肉痛、肝障害、関節炎などの慢性症状が起こる可能性があるとされています。要注意です。

媚薬>媚薬とは、性的興奮を高める目的でしようされる薬のことです。「惚れ薬」とも呼ばれます。服用することで精力が高まったり、異性への興味関心が高まるなどの効果が得られます。