ビタミンE原料の問題

当時ウイリアムス博士が提唱した
「人間が成長し、生命を維持するために必要な栄養物質」一覧
【主要ミネラル】カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、リン、塩素、硫黄【微 量ミネラル】鉄、銅、亜鉛、コバルト、セレン、クロム、マンガン、臭素、フッ素、ケイ素、ヨウ 素、モリブデン【ビタミン】ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB 2、ビタミンB 3、ビタ ミンB 5、ビタミンB 6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、リノ—ル 酸、ビタミンH、ビタミンK、ビタミンM、コリン【必須アミノ酸】イソロイシン、ロイシ ン、メチ才ニン、スレオニン、バリン、リジン、フエニ—ルアラニン、卜リプ卜フアン
原料の問題
天然のビタミンEはアメリカからの輸入も多く、原料は大豆由来も多いことから遺伝子組み換えの心配は正直あります。※中国からの輸入も年々増加傾向にあります。
一方、合成の場合は石油やテレビン油から作られ、人体に不要な成分も含まれています。
天然型ビタミンE
天然とは違う「天然型」というものもあります。
特に定義はないらしいのですが、天然のビタミンEを酢酸やコハク酸などで安定化させたものとのこと。
生理活性の強い順は、天然>天然型>合成となります。