運動養生ビタミン15法を教えてください

(いち)髪結い法:両手を指マイクロ屈成クロー、頭部から前から後方にそっと整え、繰り返し.頭血液循環、高血圧、知能向上、知能を高めることができます.

(に)浴面法:両目を閉じて、前後にこすって動2手のひらじゅうはち度、そして面从鼻の両側に両手を掌にマッサージの前髪、両側に分けてマッサージこめかみまで、最後まで下顎マッサージ、繰り返し浴面じゅうはち度.顔面の皮膚の光沢を保持する弾性、しわを取り除くことができます.

3回目運法:両眼が睁開、目の玉、左右、遠近各活動は18度、時針と逆時計回り方向は18度回転する.視力を高めるために眼病を予防することができる.

両手の中には鼻孔の両側、軽く揉んて36度を揉んて、軽く揉んていた.風邪、鼻炎を予防することができる.

(ご)叩齿法:前後を上下前歯と両側奥歯48回、ビタミン、こっそり力が軽い.歯科疾患を予防できる.

(ろく)かき混ぜるのは舌法:唇が軽く目を閉じて、舌を置いて歯の外、唇のうち、時計と逆時計の2つの方向がゆっくりと回転して、各じゅうはち度.歯の治療を予防することができます.

口内法:口内法:口腔中唾液、ゆっくりと胃腸の下腹部に嚥下.消化を助けることができる.

頭が前から後ろへゆっくり持ち上がっ、繰り返して18回を繰り返して.頸椎症.

両手の手のひらを両側の外耳道を押さえ、そっと持ち上がって.しかし予防と治療の鼓膜陥入や耳.

P(10)揉ん法:両手の手のひらをへそに重ねて、先に時針方向で腹を12回揉み、更に時計回り方向に腹を揉んて12回.肝、肝、胃、腸などに防除ことができる.注意:便秘には、時計回りに右、下痢は、右に左.)

(じゅういち)転腰法:両手のひらにそっと置いて両側に腰の腎兪穴に、徐々に時計と逆時計回りに回転ろく回ずつ、そして左側と右側に各転腰ろく度.予防できる腰痛、腰筋過労.

(じゅうに)提肛法:息を吸う時ゆっくり腹提肛、吐く時ゆっくり腹鼓松肛しじゅうはち回繰り返す.痔、サイズを予防することができます.

2腕の腕は前後にそれぞれ揺れて18回.五十肩を予防することができる.

P(14)しゃがむ法:両ひざょっと、長長、次は18回繰り返して.関節炎を防除、下肢筋力を増強.

2つのかかとがゆっくりと、ゆっくりとした後、18回と繰り返して、立つ、座っている時はすべてできます.体力を防除に防除.

(責任編集:骆丽萍実習編集:叶洁斯)

が一番人気保健熱文水を飲む習慣が十個<>を暴露しあなたは水盲
にオタク族のじゅう条養生経

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です