実は元に立っていビタミンる人は私です

Pはスクリーンな目がうつろ

音楽のリズムを少し鈍化て

静の下で心が流れる時間をよく数えてから

うれしいことも無力でも悲しみもあった絶望や泣いてあるいは一人あちこち繰り返し
自分を知らない人はどのように生きれないこれらも気の一段こぼれ話
すべてのよく知らない顔
一音一音見知らぬトーン
機の新の隣席の新しい教育課程新しい先生の新しいすごい新しい笑顔が新しい環境新たな何も新しい
私は古きを好むましたかが新しいのと取り替えが受け入れられる

が格納される

私も努力も真剣にも心を込めて
はあなたたちはもう私に付き添っていた
あなたは私の目の前に飛んで私の前に谈笑自如私の身の回りですれ違った
僕を見て話す時もう辛い時も思わなかったメールの少なくなった電話がない
いつ私達の友達はもう友達そんなに親切

私はいつも

に起きて早い早いも頭はどんなに辛い
私もすぐとても速乾性終わってすべてのものから早く自分一人で運動場に行って
私はそこを好き
そこはとてもきれいに何人の記憶を私に涙ひらり
ない何か声で私を懐かしむあなた
そこに近いところは私にとても安全はいかなる負担

の高校二年の変わらない
ただあなたの位置をいくつかの代わりに
ただあなたのあか抜けていない
あなただけ見えない
ただ連絡は少なくなった
ただ私は何をしても一人で
/>今だけ殘して私一人そこでした.

ただ私はまだ覚えている <、ビタミン、p>と

は2011.10.3作
人気精力剤.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です