雨が降っビタミンて_ 0

靑春は1冊の本をあまりぞんざいに間に合わない精読はもう半分以上過ぎた歳月は音の彫刻は私の魂.

一人座って長くなった癖になる、習慣的に見て自分の好きな書籍、ちょっと静かな音楽を聞いて、自分の人生を味わう、外に見える初シア・ユイのリズムを邪魔し,雨の曲の憂怨みがほんの初から、日少し曇って、でも,空気は本当に格外の新鮮で、入り口に立って、大自然の息は、そんなにすばらしい眺めへ行って、遠くの山と、近くの木には夏の服を着た、、そんなカラフル、霧雨にいどむ自分の悲しい気持ちが、そんなにのは詩情.

p> <雨季で、また雨の日を持って、少し感傷的になって、少しの幸せを過ぎた日無音の鞭打ちに私の魂を、過去の歳月の中で、その跡の人生の中で、喪失の隅に突然睡余たいなら、長くなりましたが目のかすみ、無自覚で流れて、長く甚だしいもの悲しい感じなど、初雨を潤して万物、同時にいくつかの思い出を.

風雨兼行する日に、喜びがあって、悲しみ、無情の歳月の中で、永遠の止摥、孤独なスケジュールで、人生はただ、人生の果てまで行っても孤独の旅人、感動しないところはないそれはただ瞬間の美しくて、多すぎることを経験した涙心はいつも持って、絶えずに小さくて涼しいの世の変転が、心も健気.

時間卑しいているなら待って永遠にされて、距離に冷え込み、静かな雨、そんなに長い1滴の涙で、ホメオパシー滑り,ビタミン、記憶に相思の涙、想いは1種の習慣 人気興奮剤.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です