ゴーリキーについてあのビタミン本『幼年時代」11262012

私はアイドルが覚えて、私は子供のころを読んだことがある!作者はゴーリキーゴーリキー、小さいころから彼は熟知しない、だんだん成長して、資料を調べて彼の生涯を調べていない.しかし私は知っていて、彼の《喰らい》はとても有名で、私は8学年は《海燕》を学んでこれは私がかつて忘れたことを忘れない!最後、:¨暴風雨に来させたのはさらに激しくどうだろう
エムスマートプラス!(私の感じはとても馬鹿で、他人にも平平凡々、あなたは行くなど何人を苦しめ心と肉体七七八八こと)

『幼年時代」は数ヶ月前、贾晓龙借りを読み、それはただ名が2個の字、のぼせて,考えるとその時期に私は名ていて酔生夢死、妙て、もちろん勉強衝勁に!何も知らないことがあって、私は借りた!この本は、小さな紙面なので、厚さが非常に自信になる!

2012.5.15

に続く私はこの本を読んで、少なくなって、少なくなって4、5つの月だろう!私贾小龙までに返して、もなくて、『幼年時代」を見て!多分3分の1にある.もう見たいと思い、

は、

を見てみたいですね.2012年11月26日月曜日<P>は2012年11月26日に1

で19時57:29時の期待)

はpは内容と物語を書く!私は私が受け入れることができなくて、1人の名前が多すぎて、多く私はすべて私がどうしてこんなに多くの名前ができないことを考えて!何廖沙謝阿、列のグラム、など.私はいちページから見にじゅうページぐらい、発見前全部忘れて、私はすぐに止めて,前から再見て、百ページを見てから、ページを省いた先日忘れて内容は、たぶんもうはっきりしていて、ストーリの発展状況は.

その社会、私は不思議で表現するしかない!瞭、社会全体、私は受け入れられない!そんなに暗い社会、少しも光がない、

p>と<作者知らない子供(作者の時も、見知らぬから子供)まで¨熟知;私を見て、私は本当に見たように、私はあの時、見つめて作者があって、私は感動しました!私の目をぬらして、涙がぼんやりしていました.私は彼を恐れて叔父に思って、私は想像で感、思惟、私は恐らく圧倒された画面が十字架、私で眼中に読んでいて、私は白い言葉、私は対外祖父が愛は愛と憎しみを置くことに、私はずっと小説の中で、感じて、私が感じた,ビタミン、彼らの移転どこ!あの社会は本当に怖いと思っていて!

あとがき:あとがき、この読後感は本当に料理、私はだめ、いくつかの月、私は本当に手には出さない、当時の考えは書くことができなかった!私はこれを知ってとても乱れて、しかし私はやはり補完この読後感、ざらざらし、望の日後だね!

今日は夜、用事がなくこの物を打って、出した.動機も何もないし、目もないし!もしどうしても何を話すのでしかし、私は私が帰やましい出し、の為に証明するが、私は見て『幼年時代』でしょう、.ほほほ、これはごまかして、ハッハッ、どうして、私はただ卵が痛いためです!

>

☟女性不感症

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です