枕ビタミン枕に大きな差は違うそば殻は最も汚れ

多くの人が定期洗浄枕カバー、抱き枕カバーの習慣で、洗浄枕の意識が少ない.この数日、一条広く転送のマイクロブログの中でもない洗濯枕には、半分はダニの一種とカビ
バイアグラの効果.だから,ビタミン、いつ洗浄枕健康に危害を及ぼしかねない.この結論は寝る時に基づいて、人体の脂、汗、よだれが枕に染み込んで、長時間菌が種のように、枕に根ざし、疾病の“苗」.事実に似ているかどうかのミニブログに言うほどむごい?近日、記者に永外街楊家東城区コミュニティ、数戸の住民の家を探して来て、別れた蕎麦の皮、ふんわり綿、ダウン、茶・テリアこのよんしよ類の住民が一番よく枕として,これらのサンプルを送って动科北京農業学院院検査.24時間細菌培養を経て、実験結果証明、ソバ殻材質の枕コロニー数が最も多く、すなわち証明その最も汚い一番きれいな枕は、ダウン材質.コミュニティ調査は家庭用枕洗浄あなたの枕で洗ったことがありますか?争いで选枕サンプル時、記者とともにこのコミュニティを対象に行った調査結果小範囲、8割以上の住民は、自分の枕カバー、抱き枕カバーがよく、交換も洗い流した枕.住民葛城は、7歳の息子が長期に長期で使ったことがある蕎麦枕を提供してくれました.記者は見て、この枕の形は大きく、体積はただ成人の枕の3分の1にしかないのです.緑の刺しゅう枕カバーに、子供の名前が付いている.はがし枕カバー、枕の中間部明らかと週辺の色によって氾淡い黄色.葛城さんは,息子が幼稚園で3年もない枕.その時、枕、布団も幼稚園の統一調達です.息子は、1週間に3日、3日、2、3日、昼の昼寝の時間は、外、この枕の夜もよく使われている.子供は去年退園後、この枕を投げたことがなく、家に持ち帰った.洗浄週波数に至って、葛氏は、冬休みの間に、彼を家に持ち帰って洗浄枕カバー、掛け布団カバー、開園から持って帰り、枕を洗ったことがない.記者は、住民の陰からある素材の枕、ふんわりとした綿の材質、1つは蕎麦の皮の材質.陰さんによると、この二人の枕は彼女の自家用のそば枕、使い始めて三年では、スーパーから買ってきた後、買い戻しない洗った;ふんわり綿枕の使用時間は78年、彼女は三ヶ月ぐらいは洗濯機で洗う枕.その後、記者はまた、住民から劉さん家とコミュニティの町会室から、羽毛枕と茶葉テリアの保健枕を探しています.住民劉さんの羽毛枕は約2年余り、洗浄していない、劉さんは、羽毛枕がよく洗ってないから、太陽の良い時、彼女は枕をベランダから風にさらして晒し.二階の枕カバーをめくる後、記者は見て、純白の羽毛枕中央も何つの大きさは黄色の跡.最後のあの茶テリア保健の枕、コミュニティの町内会のスタッフは記者に教えて、これは2010年に購入した専門に来て、夜間町会の当番の人が使うのではなく、みんなで一週間交代で、使用頻度は約一度.枕のコートは.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です