月子月子のビタミン果物は何果物を食べることができます

あなたはまだ月子の月子月子にたくさん食べてたくさん食べないことに悩んでいることができますか?あなたはまだ月子の注意事項についてどれらがあることを注意して、悩みますか?今日は,小ちゃんにこの問題を解答させて、興味のある友達たちは早く来て、きっと助けになるよ.

月子月子月子月子月子月子月子月子P怪異果

p>と<弥猿桃、味の甘性の寒い、ビタミンC含有量が高く、解熱、喉の渇き、利尿作用があって、通乳効果、常に食べるし免疫システム.帝王切開術後は回復に有利.その性によると、食用の前に熱湯で温.毎日1つにして適当である.

榴榴榴榴榴榴p味は甘性熱、東南アジア、果物の王の名誉に産します.その性によって、体をよくすることができ、体温を促進し、血液循環を促進する良好な役割があります.産後のびくびくして冷たくてこれをサプリメント.榴は性熱、消化、消化、多く食べ易い.マンゴスチンに伴う食と、すぐその熱を平定性.また、割腹産後には小腸に付着した妊産婦があります
エムスマートプラス.

アップル

アップル<P>

リンゴ味の甘涼、性は暖かくて、主に炭水合物.豊富なリンゴ酸、タンニン酸、ビタミン、ペクチン及びミネラルを含んで、予防と治療壊血病、癩病を予防して、皮膚に潤滑、つやがある.そのビスコースと細い繊維を吸着することを細菌や毒素,渋い腸、健やかな胃、唾液の分泌を促進して,ビタミン、食欲をそそるや暑気を払って、特に産婦下痢治療効果.

また、妊娠高血圧症候群、糖尿病と肝機能不良と肝機能不良とした産後回復.またリンゴの中で大量に加裏をくわえて、体内の過剰なソーダの結合に体外を排除するため、低カリウムと撮影した多い塩りんごは有益な.

女性更年期更年期障害のビタミン女性の月経経験の3つの段階

女性が更年期に入ってから、典型的な症状は月経の徐々に減少して、これは正常現象、心配する必要はありません.女性は十分に心の準備をしているべきだ.更年期月経は3つの主要段階、月経は徐々に減少、完全に消えてなくなる.どっちの段階なんでしょうか?ちょっと理解してください.

p1、稀発月経
女性用興奮剤.

pこの時期に女性の月経が出現すると、正常20~30日は2~3ヶ月または長い時間で1回になります.は正常または比較する前に減らして、間隔の時間は徐々に4~5~5ヶ月あるいは半年になって1度は1度延長することができて、後は完全停止する.

p2、月経サイクル紊乱.

は月経時間の紊乱、更年期内は定期的な膣出血になります、時に月経が延長して持続性膣出血、淋漓は絶えず1~2年も止まらない.も膣からの出血が大量に発生し、患者が発生貧血、やつれて顔色が悪い,全身倦怠感があり、慌てて、息が続かない深刻な者が明らかに下がって、ヘモグロビン.ある出血,普通は1~2年、月経は完全に停止します.

さん,ビタミン、突然閉経.

女性っての閉経は急に、一部の女性は減り、月経まで絶え果てる.報道によると、282例自然閉経女性を観察し、その中よんじゅう例突然閉経、14 . 1%を占める.そのため、多くは前に2つの表現.別の部分の患者に表現を、閉経後しばらくすると、発生子宮出血、持続に~よんしよ週間.血量は、持続時間とホルモンの作用が持続時間と撤退速度について.

以上の3つの段階には女性の更年期の月経のメインフェイズ及び関連の症状に入って、もし女性の更年期の後、月経はこの規則を変えるのは正常な現象は、心配することはない.他の現象、例えば痛みなど、積極的に検査治療を行うことが必要です.

冬季養生老人冬保健は常ビタミンに窓を開けて

冬が来る、お年寄りの屋外活動が減って、家で風邪を引いて窓を開けないで.室内空気が流通しない限り,ビタミン、細菌が繁殖につながる.老年人は病原菌の抵抗力に弱い、多くは慢性気管支炎などの病気、冬はもっと窓を開けて.

多くの北方の人はすべて暖房が入って、これはあなたの温かみを保つことと同時に多くの弊害があります.まず,室温が高すぎると、空気の循環が悪くて、空気中の酸素が不足し、長時間でこのような環境による免疫機能が低下して、体の弱い高齢者の出現心落ち着かない、皮膚がきつく、汗が出て、血粘度が高く、尿量が減少などの不快.次に、空気の湿度が40 %以下に下回る場合、ウイルス、細菌繁殖は速く、空気中のほこり拡散、慢性気管支炎、ぜんそくなどの再発を招いて.

冬は窓を開け、学問がたくさん.まず、毎日窓を開けて3回換気してもいいです.毎回通風15~20分,それぞれ朝、昼、夜.推計によると、無風や微風条件で、80平方メートルの部屋窓約20分、病原性微生物が60 %減少します.窓は9時- 11時、14時- 16時.住所が通りに面したら、車の少ない時間窓を.その次、室内温度制御は16℃- 22℃.16℃を下回って風邪を引きやすい.老人は窓の前に1枚のコートをはおるて、あるいはしばらく他の部屋で休憩して.最後に、2種類の情況は窓を開けるべきでありません:雾霾日、雾霾中の粒子状物質が人体の吸入後、気道や肺葉にかかるとは、炎症が起きやすい;家重症患者.

冬季室内湿度30%-60%時、一番快適.暖房室には加湿器など湿化設備、または暖房において水.毎週ぬれ雑巾清掃暖房房の衛生死角、特にラジエーター下、隙間及びたんすの後、壁の隅など.

男性は髭剃りに注意事項男性が髭剃り時に注意して、ビタミンどんな問題を注意します

男性はひげを剃る時どれらの問題に注意すべきですか?男性は髭を剃って基本はときどきはやること,ある身につけて毎日剃り習慣.男はひげを剃るのは何に注意するのでしょうか?見に来てよ!男性保健の知識から、シェービングは男性の毎日行の成人の礼、内容は形式によって、方法は結果を決定します.では、男性のシェービングはどんな問題に注意しなければならないことは注意して、次はみんなに紹介します:シェービングはご飯を食べて、男は毎日すべてする事.赫莲娜さんがかつて言った:ブスはいない、ぐうたら.男にも同じ、懶惰、シェービング、シェービングの10件の大事なことを理解しているのか.

Pは朝のシェービング

を選んで朝はシェービングの最優秀時間、睡眠中は新陳代謝が速め,皮脂腺分泌が盛んに、毛生えて急速に成長している.一夜限りに瘋長、朝は最高の切り倒しのタイミングで.また、その際の皮膚はリラックスし、シェービングも、傷の確率を減らすことができる.

お風呂の前でシェービング

はお風呂に入るなPはシェービングの後の皮膚は多くの肉眼で見られないWicre、敏感な、この時すぐ風呂に入り、液体、シャンプー、熱湯などの刺激を引き起こし,ビタミン、シェービング部位の不調、赤くなります.

は運動前のシェービング

は運動前にシェービングしないでください運動時、体の血液循環は加速して、大量の汗はあなたがちょうど吹き渡るの皮膚を刺激することを刺激することを刺激することを刺激することを刺激することを刺激することを刺激することを刺激する.

黒豆は排卵して排卵します黒豆のビタミン3種類の良い妊娠する法を食べます

ご存知のように、私たちの生活の中で、多くの日常よくある食品すべて一定の養生滋養補給作用、黒豆は1種が腎臓の食べ物で、普段,妊娠中の女性は多くの準備を食べ黒豆を排卵受胎の確率を増加し、じゃ、黒豆を促す排卵ですか?

黒豆は高蛋白、低カロリーの特性を持ち、タンパク質含有量は45 %以上が高い.その中でも良質蛋白は大豆より1/4程度、各種の豆類の首、だから豆の王の名誉を獲得しました.蛋白質と豊富な肉に比べて、黒豆は少しも見劣りがしない、かえってもっと勝ちと、その蛋白質の含有量に相当する肉類(豚肉、鶏肉)の2倍には、卵のさん倍,牛乳のじゅうに倍、そのためまた"と呼ばれる植物蛋白肉」.黒豆はタンパク質、脂肪、炭水化物、ビタミンB 1、ビタミンB 2、ニコチン酸など、大豆のフラボノイド、葉酸、葉酸、酸などが含まれます.大豆フラボノイドは大豆イソフラボンの主な成分です.大豆イソフラボンと葉酸は、女性が体に欠けているエストロゲンを補充している.

大豆は大豆イソフラボンの主な成分で,ビタミン、大豆フラボノイドは大豆フラボノイドの主な成分です.大豆イソフラボンはまた植物エストロゲン、エストロゲン効果がよく、エストロゲンの分泌不足や過剰.雌性ホルモンは子宮内膜の厚さを増加し、卵胞発育、喇叭管発育促進、喇叭性収縮の振幅.黒豆は本当に、排卵と女性の受胎ができるという不思議な効果があります.

胃炎には何のビタミン食べ物を食べますか

P胃炎は生活の中で最もよくある胃病、多くの人は普段不良の食習慣、不当な食物選択と栄養摂取と栄養摂取などの要因によって胃が損傷を受け、病変.ここは特にフナのもち米スープを推薦する.フナの魚のスープを作って食べるでうまく防除表在性胃炎.漢方医の理論は、フナ性、甘、平温、無毒で、入脾臓、胃,ビタミン、大腸を持って、内臓を強くする,除湿利水,暖かい胃食事、温中でガスの効果.主治医は虚弱、思思、胃潰瘍、胃炎、胃炎などがある.

原料:p/p

生きフナに~さん条(200~300グラム/条この重量の鱼味一番美味しい、栄養も最善)、淺い靑色、生姜(辛は暖かくて解表、通陽、散るのは冷たくて、胃と)、もち米ごじゅう~ひゃくグラム、片栗粉ごグラム、細塩各適量.

P作り方:

p> <いち、フナの魚に鱗、えら、内臓、もち米をきれいに洗って、同時にと鍋の中に入れて、水適量を加えて、先に急に火が沸いて、後から切り替えとろ火とろ火で煮込んであって.

に、生姜と淺い靑色はみじん切り、生姜を入れて量が多すぎないでください、さん~ごグラムを目安にして、ネギの姜スープに入れを同時にご分煮沸して、最後に片栗粉、細塩、少し煮てすぐなり.

さん、スープや魚肉も離れて食用の、また同時に食用.

よんしよ、毎日いち回、毎回いち~にワンコ、温かい食用、食ご~ななしち日、補う中に益の息、健脾臓と胃がよく防除胃炎.しかし注意して、このスープで冷却後食用とよう、濃いお茶、コーヒーなどたわむれ、送電する過程の中に使用しないでください油脂あるいはその他の調味料.