胃炎には何のビタミン食べ物を食べますか

P胃炎は生活の中で最もよくある胃病、多くの人は普段不良の食習慣、不当な食物選択と栄養摂取と栄養摂取などの要因によって胃が損傷を受け、病変.ここは特にフナのもち米スープを推薦する.フナの魚のスープを作って食べるでうまく防除表在性胃炎.漢方医の理論は、フナ性、甘、平温、無毒で、入脾臓、胃,ビタミン、大腸を持って、内臓を強くする,除湿利水,暖かい胃食事、温中でガスの効果.主治医は虚弱、思思、胃潰瘍、胃炎、胃炎などがある.

原料:p/p

生きフナに~さん条(200~300グラム/条この重量の鱼味一番美味しい、栄養も最善)、淺い靑色、生姜(辛は暖かくて解表、通陽、散るのは冷たくて、胃と)、もち米ごじゅう~ひゃくグラム、片栗粉ごグラム、細塩各適量.

P作り方:

p> <いち、フナの魚に鱗、えら、内臓、もち米をきれいに洗って、同時にと鍋の中に入れて、水適量を加えて、先に急に火が沸いて、後から切り替えとろ火とろ火で煮込んであって.

に、生姜と淺い靑色はみじん切り、生姜を入れて量が多すぎないでください、さん~ごグラムを目安にして、ネギの姜スープに入れを同時にご分煮沸して、最後に片栗粉、細塩、少し煮てすぐなり.

さん、スープや魚肉も離れて食用の、また同時に食用.

よんしよ、毎日いち回、毎回いち~にワンコ、温かい食用、食ご~ななしち日、補う中に益の息、健脾臓と胃がよく防除胃炎.しかし注意して、このスープで冷却後食用とよう、濃いお茶、コーヒーなどたわむれ、送電する過程の中に使用しないでください油脂あるいはその他の調味料.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です