冬季養生老人冬保健は常ビタミンに窓を開けて

冬が来る、お年寄りの屋外活動が減って、家で風邪を引いて窓を開けないで.室内空気が流通しない限り,ビタミン、細菌が繁殖につながる.老年人は病原菌の抵抗力に弱い、多くは慢性気管支炎などの病気、冬はもっと窓を開けて.

多くの北方の人はすべて暖房が入って、これはあなたの温かみを保つことと同時に多くの弊害があります.まず,室温が高すぎると、空気の循環が悪くて、空気中の酸素が不足し、長時間でこのような環境による免疫機能が低下して、体の弱い高齢者の出現心落ち着かない、皮膚がきつく、汗が出て、血粘度が高く、尿量が減少などの不快.次に、空気の湿度が40 %以下に下回る場合、ウイルス、細菌繁殖は速く、空気中のほこり拡散、慢性気管支炎、ぜんそくなどの再発を招いて.

冬は窓を開け、学問がたくさん.まず、毎日窓を開けて3回換気してもいいです.毎回通風15~20分,それぞれ朝、昼、夜.推計によると、無風や微風条件で、80平方メートルの部屋窓約20分、病原性微生物が60 %減少します.窓は9時- 11時、14時- 16時.住所が通りに面したら、車の少ない時間窓を.その次、室内温度制御は16℃- 22℃.16℃を下回って風邪を引きやすい.老人は窓の前に1枚のコートをはおるて、あるいはしばらく他の部屋で休憩して.最後に、2種類の情況は窓を開けるべきでありません:雾霾日、雾霾中の粒子状物質が人体の吸入後、気道や肺葉にかかるとは、炎症が起きやすい;家重症患者.

冬季室内湿度30%-60%時、一番快適.暖房室には加湿器など湿化設備、または暖房において水.毎週ぬれ雑巾清掃暖房房の衛生死角、特にラジエーター下、隙間及びたんすの後、壁の隅など.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です