現代男性のビタミンインポテンツ多原は圧力

p●お年寄りがEDの原因は多くは器質性の、若い人には,ビタミン、仕事ストレスと社会ストレスによる

がもっと多いのですがPは、関係家庭として調和がとれ、男性の健康なバロメーター●治療を選択すべき適切な薬ED治療効果を信じるべき民間療法験方

生活実例

生活実例

小林さんはファンドマネージャーで、月収入7万元、年収入200元、人も高くてとてもかっこいいです.妻は関係業界のジャーナリスト、とても綺麗だった.二人は誰から羨まれるはずが、なんと、結婚して二年、二人は離婚
巨人倍増体験談.

小林さんの妻によると

リリー紹介し、小林ファンドマネージャーは普段の仕事の圧力はとても大きくて、だんだん発見彼の行為を生じた変異は、まずインポテンツ、直後に現れる怪異の性生活、例えば希望リリ尿を彼の口の中を、私は彼と恋愛結婚まで、彼はこれまでもないとしたが、今、彼は仕事のプレッシャーでもっと大きいはずもない要求、私はこうですね、これは明らかに私の尊厳をよそに、私を尊重しない!リリは非常に不満で、しかし小林も理由があり、我々は夫婦、ヒトラーはまた尿を口に夫をさせて、あなたはどうして私でストレス解消することができませんか?」あなたは仕事が大きく、辦法、インポテンツになる、インポテンツにはインポテンツには、何で私を苦しめているの?私は普通の人で、私は正常な生活が必要です!結局、2人は先に喧嘩,最後にめちゃくちゃに打って、最終的に離婚することにした.

今年,男性健康日が発足10年になる.今年は男性の健康の日のテーマは健康·家庭· ;調和.先日行われた男性健康日10年記念イベントには、小林夫婦という典型的なケースが記者に紹介されている.中国科学院研究所EAP契約心理コンサルタント、心理測量師、北京電視台生活チャンネル《生活広角」欄客員専門家、婚姻家庭や職場の心理の研究家小林王建一は、夫婦の離婚原因離婚事件でも見られるように、多くの夫婦が離婚が潜んでいる社会の圧力に隠れていて、性の問題.

北京市婚姻家庭研究会の交代选挙時離婚発表のデータは、1985年に北京市の離婚率は5%、その後は年々上昇し、今年はすでに39.5%.これらの数字の背後にある原因は感情の不和、いわゆる感情の行き違いの背後にあると、ほとんど性の問題についても触れています.

私は4年の婚姻家庭のテレビ番組を作って、大量の婚姻の家庭のケースを処理して、私の経験について、性問題は夫婦の調和的な要素の90 %以上の原因の原因を占めました.」王建一表示で、性の問題の上で、男性の性健康(主に勃起不全、すなわちED)と家庭の調和に重要かどうか関係、多くの人は、必ずしも生まれつきのED患者、その背後には、更に多くのは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です