各年齢のビタミン女性の秋驻颜術

女の秋は燥、来年はもっと美しく、.どんなにこのように乾燥していませんか?にじゅう、さんじゅう、よんじゅうの女驻颜アンチエイジングは修理して各つて、今日私達を助けて各年齢の女性は養生美顔.

20歳の女の子は秋には休みにならないで、20歳の女の子は秋になって、規則

にして昔、日の出として、日が日の入りていっても、日の出は.自然に順応して生活する.人体、同様に一定の法則は動作します.20歳の女の子の体の状況は最も良くて、精神状態もベストで、すべて物事に好奇心に満ちて、そのためよく生活することが正常で正常でないことを招きやすいです.愛玩のあなたがきっと覚えていくつかの時間:最優秀睡眠のゴールデンタイムは夜じゅういち時前から、じゅういち時から午前いち時が肝っ玉の並ぶひどい時間、いち時さんは肝の並ぶひどい時間、朝ご時からななしち時は体のデトックスの最も良い時間、この時に身につけて良良いの排便の習慣.

私たちは、20歳の女の子が秋にはすべて良い精神があるとしても,ビタミン、良い生活としてもあなたは一生涯健康です.秋の勤務と休息の法則の重要性を過小評価しないでよ、思春期の女の子、視床下部と下垂体の調節機能を完全に成熟し、秋に注意しなければ保健、引き起こしやすい機能失調性月経が乱れていて、臨床の上で主には月経週期又は月経期の長さ、血流量異常.25歳以降、多くのセルロース、コレステロールを下げることができます.毎日2000ミリリットル以上の水分を飲みます、体の良好な循環を保つ.

30歳の女の秋は舒するには<P>に舒

秋、さんじゅう歳の女に特に注意修養調神、しっかりと行う収ガスの仕事.秋は人に失落感があり、環境は人の憂愁を生じさせ、そのとき、多くの女性は精力的に減退し、性格は憂うつ、ストレス、動作が遅く、反応が遅くなります.『黄帝内経』は悲しい心急、肺の布叶举、上焦通じない営護ない宴会、湯気の中でため、ガスの消り.だから、秋は悲しく,心は気力、心は肺も負傷し、私たちの免疫力を低下さ、あなたはどのように再び頭から足まで美しくなる可能性がありますか?

ため、圧力が最大のさんじゅう歳女、秋が一番重要な養生虎の巻は、ストレスを解消し、正面の積極的な心理状態を持つ.一つのコツは、毎日寝る前に記録して一日に起きた楽しいこと、例えば今日を「花を見に行った新劇」.これは当時から見ても、目立たない小さなことで、生活の中の点滴を見つけて、生活の中の点滴を見つけてあげよう.時には、会心した時ストレスも自然に解放されて.心理危機に遭遇しても自らの解放、心理カウンセリング機構に援助を求める場合は.専門家によって、あなたは自信を強め、心身ともに健康を保つ.

40代女秋に適度な運動<P>40歳の女性は精力的に体が衰,家庭負担がさらに重く、常に心身ともに保養に注意しなければならない.養生はして補うだけで、更に1種の生です

子供は女のビタミン六大健康に悪い

P族の多くの女性が、お母さん、誰がお母さんを作って、相手の頬、目じり、体つき、乳房などの地方を意識して、意識的に、意識的に、意識的に、相手の頬を、意識的に、意識的に、意識的には、意識的に、相手の頬を、意識的に、意識的に、意識的に、意識的に、彼らは意識的に、多くの場所で見ています.悲観的な妊娠恐怖族で、妊娠は必ず種々の不可避をもたらすマイナス要因:子供の出生は荷重、肉感的の体形は形が崩れる……頬と目尻は必ず、必ずと、色が深い蝶になる.多くの人はすべてとても困惑して、結局出産することは女性にどれらの悪いことをもたらしますか?この後、果たして本当に妊娠に対して敬遠させているのか?

pは悪く1、妊娠すると女の記憶力が低下する研究1 .いくつかの胎のすべての

を懐に抱いて

1993年イギリス学者らを求めましたSharp、48位誌望の妊婦の研究に参加し、そして人とじゅうく妊娠はしていない者とは対照的に、81%の妊婦は彼女たちの記憶力が悪い.研究者は客観的なテストを利用して、彼らはとても高い割合が思い出になることができないことを発見して、テストは臨時手配して、臨時手配することができない場合、この状況はいっそう明らかにすることができます.

研究者はそれ以外、研究者も記憶力の低下の様子を発見している場合は、頭を頭の中の妊婦と同じように、妊娠することがすべて同様の現象があるようです.しかし、妊婦の認識理解能力は明らかに変化し、言い換える、妊婦は新しい知の吸収力に問題はないとする可能性があり、これらのメッセージは頭にとどまることができなくなっていないと頭にとどまることができない.

研究2
巨人倍増 .家にいるよりは忘れっぽいからな

1998年アメリカ行為精神医学専門家らが同じKeenan発見、妊娠後期の記憶力は明らかに下がって、しかしと落胆、怒り,睡眠不足、体の良し悪しは明らかに関連する.2003年さん月、イギリスサンダーランド(Sunderland)大学精神部門を提供した学者Crawley違った見方を検討し、彼じゅうご位妊婦とじゅうご位の正常な女性は、妊娠中期、妊娠後期,ビタミン、産後6週間、産後一年、言語の記憶や分割注意(Dividedアテンション)と比較してかなり面白い発見現象.客観的な実験室でテスト、この2チームは明らかに差がない、しかし家には自己評価表の方式を評価し、妊娠中期の妊婦は記憶、認知能力上の表現は比較的に悪くなっている.研究者として,可能性は妊婦が正常な人との違いは大きい機械で試験が検出され、つまり、自分から妊婦イライラや他人に関心を表現した情」