米はどのビタミン食べて最も栄養を補う

ニュースの背景:先日、CCTV《生活の早い参考》は、高亜鉛、高亜鉛メートルなど機能性米、中に含む栄養成分と普通の米と区別がなく、偽りの宣伝になっている.先日、記者が北京市場に発見された機能米も多種多様だ.食品安全の専門家董金狮提案し、機能性が米に含まれるかどうかの微量元素が国家基準に、消費者も分からない.だから消費者は盲目的に信じないでください、理性的消費を信じます.米は種の食べ物、栄養は豊富、多くの人の日常主食.実は健康で米の肝心な点は食べるのが多いメートル、機能的な米を食べることにありませんて、食べる方式.もと材料は粗加工の米は実はとても良いです、しかし食べた方式はとても重んじて、私達はよく理解することができます.最も栄養を補給するのは米日常用いてご飯の普通の米と呼ばれるうるち米や精米は、半透明卵圆形または楕円形、精米率が高く、米粒膨張性小さいが、粘性大.日常として食用米を含む、うるち米の人体のデンプン、蛋白質、脂肪、ビタミンb 1、ニコチン酸、ビタミンCとカルシウム、鉄などの栄養の成分に、人体に必要な栄養を提供することができて、熱量.うるち米でおかゆは養生延年、私の国では2000年の歴史を持って、うるち米の粥粥が一番上階に油を精輸液、滋養人体陰液や腎精軸受、最も適切な患者、産婦と老人.うるち米、内臓を強くする胃、補気力、唾液の分泌を促進して、煩わして、渇きをいやし養陰を除いて固腸止瀉などの作用に用いることができるの好みの虚弱、いらだって喉が渇いて、栄養不良や病気の後に弱いなどの症状が,ビタミン、糖尿病患者が注意すべき多く食べるべきでありません.1、今みんなが食べて野菜の食習慣には豪華な食事の料理が多くて、そしてずつ食べるご飯.米自然は自然によくできないということになる.料理にあまり辛くない方が良い、先にご飯を食べて、少しだけ注文を食べます.二、現煮現食べてやっと有効信じたいみんなは知っていて、ちょうど熬出のお粥、剛煮出して煩わして、1種の新鮮な香り、味を3時間再熱食べに来なければ、こんなおいしい味.どうしてこうなるのかな?おかゆ、ご飯が放置時間が長くなり、栄養成分と香りが流失します.だから、おかゆ、ご飯は今食べて食べて、殘飯を食べないで、また煮てから食べる時間、2時間を超えないでください.三、重湯あなた何人に最適と飲み飲み重湯(いち)就学前の乳幼児.髪、皮膚、鼻、肛門、陰門などが問題のある人.胃炎、胃潰瘍、腸炎症の人,胃潰瘍、胃潰瘍、腸炎症の人.飲み重湯の最優秀時間は一日何時間も飲んだり、最高は現現を煮.もし一定時間を選ぶなら、朝空腹で飲む効果が一番いいです.多少の量は通常1回で1杯、100~150ミリリットル.漢方医は、温かい甘言性味の甘平、益の息、養陰潤の機能、乾燥している.甘言で薬引を薬として,以下の大効果:護胃.重湯可カバー.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です