主なビタミンの種類と効果

ビタミンとは
ビタミンとは、生物の生存・生育に必要な栄養素の一種です。微量栄養素ともいわれ、体の機能を調整する働きがあります。ビタミンの必要な量はとても少ないのですが、体の中でほとんどつくることができないので、外部からとることが必要です。ビタミンの種類が様々ですが、人体に欠かせないビタミンは13種があります。それらのビタミンには、水に溶ける水溶性ビタミンと、油脂に溶ける脂溶性ビタミンがあり、食べ物からとる場合、注意してください。

主なビタミンの種類と効果
人体の中のビタミンは脂肪・糖質・たんぱく質という三大栄養素の代謝を助ける働きがあり、エネルギーになるものではありませんけど、それがないと体の各機能がスムーズに働かない、それで、人体に必需のビタミンを了解し、普段の生活で意識的に摂取することが大切だと認められています。

ビタミンA
ビタミンAは、油に溶ける性質を持った「脂溶性ビタミン」の一つです。大きく分けて、緑黄色野菜などの植物性食品に含まれる「カロテン」とレバーなどの動物性食品に含まれる「レチノール」の2種類があります。目の健康、老化を防ぎ、肌を若返らせる働き、免疫力の向上などの働きがあります。

ビタミンB1
ビタミンB1は炭水化物をエネルギーに変えるということで有名ですね。これは疲労を回復する効果にもなり、米や小麦などを主食にしている現代人には非常に重要な栄養素になります。これが不足すると、脚気と言って、脚に力が入らなくなり、元気がでなくなってしまいます。また、ビタミンB1には神経機能を正常に保つ効果もあります。

ビタミンD
ビタミンDは日光(紫外線)に当たることで人体内でも合成可能です。食品では魚類やきのこ、特にきくらげに多く含まれます。通常の食事では過剰症の心配はほとんどありませんが、サプリメント等で摂りすぎると吐き気や腎機能に悪影響を与える可能性があります。
ビタミンDは血中や組織内のカルシウム濃度の調整を担っており、特に子供では骨の成長、成人では骨粗鬆症の防止に重要です。

ビタミンE
老化防止のビタミンとも言われ血管や肌・細胞などの老化を防止し、血行を促進するなど生活習慣病の予防に効果があります。強い抗酸化作用 を持つビタミンのひとつで、活性酸素の害から体を守り老化や生活習慣病の予防効果が期待されている栄養素です。ビタミンEは植物油や種実類をはじめとする多くの食品に含まれており、油と一緒に調理をすることでより吸収率が高まります。